おしゃべりな写真達

僕が写真を撮ること。それは、頭の中に浮かんだイメージを誰かに伝えること。

0

華やかな世界が見えるなら、どんな場所に居ても平気。と、僕は思った。

窓の外には、僕の知らない風景が広がっていた。夢の世界って、こういう場所を言うのだろうな。光があふれている外の世界と、陰の中から、それを眺めている僕。僕の居場所なんて何処でもいいんだ。華やかな世界が見える場所なら、どこでも。だって、それがどんな場所であっても、そこが、僕の居場所になるんだから。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。夢の国……なんですが、僕の手元には、有効期限の切れたチケットが(-_-;)7月中旬ま...
0

たまには、ひとりで散歩するのも良いもんだよ。と、僕は思う。

頭の上を、轟音と共に電車が過ぎていく。いや、うるさい。もちろん、小説の出だしみたいな物語は始まらない。カメラを持った、得体のしれないオッサンが歩いているだけ。少し日が傾きかけた休日の午後、そんな奴が一人ぐらい居てもいいんじゃないの。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。さすが魚眼レンズ。端の方が、ぐにゅ~と歪んでますね。でも、それもレンズの味のひとつ。 ですよね。のんびりと散歩。なんていうほど優雅に暮...
0

機械が動く音って、それは洗練された音楽だ。と、僕は思う。

面倒だといって、離れていく人。面倒だけどといって、のめり込む人。それは、相手が機械でも人でも同じかな。だって、面倒で手間がかかっても、それが面白いと思えることあるでしょ。僕は、簡単に出来てしまうよりも、手間がかかって面倒くさい方が楽しい。時々、思い通りにいかなくて、人知れず爆発してる時もあるけどね。秘密だけど。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。写真は、フィルムカメラの裏蓋を開けたところです。最近で...
0

混雑は嫌だけど、寂しすぎるのもどうなんだろ。と、誰かが言った。

まるで、馴染みの無い駅のように思えた。それは、いつもとは違う静けさが、耳の奥、頭の中で広がっていたから。エアーの音に合わせて、電車のドアが開く。下車する人は、誰もいなかった。みんな、何処へ隠れてしまったんだろ?もしかして、僕だけが取り残されちゃったのかな。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。最近は、随分と元の姿に戻ってきた東京ですが、約半年前は、昼間でもこんな状態でした。これから冬にかけて、どうなる...
0

抗うよりも、流れに任せた方が楽じゃん。と、僕は思った。

流れ続けているものを止めようなんて無理。力ずくでも止めてやるなんて、思い上がりもいいとこ。本当に止められると思ってるの?でもさ、流れに乗ることは出来るよ。僕は、それでも悪くないと思うんだよね。どうだろ、納得できないかな。♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪こんばんは、ケロです。最近、生活のリズムがくるってます(-_-;)狂ってるというか、睡眠不足な状態。夜、布団に入ると、アイデアが浮かんでくる。それはそれで良いんだけど、考えだ...

プロフィール

ケロ@nishihara

Author:ケロ@nishihara
僕の気持ちが伝わるような写真を撮りたい。
できれば、写真を見てくれた人の心に音楽が流れたらいいな。
雨の写真を見て雨の匂いを感じ、公園の写真を見て風を感じてくれたらいいな。
そう思いながら、僕は写真を撮ってます。

アーティストの方へ

Every Chance
あなたの夢を叶えるために、全力で支援する会社を立ち上げました。

わくわくWeb美術館

web美術館

Gallery

ブログ村

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

Adobe

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

月別アーカイブ